新ダイワ(現やまびこ)をはじめ、国産のチェンソーはコンパクトで取り回しが良いのが特徴です。

新ダイワの特徴

新ダイワの製品ラインナップをリサーチ

かつて存在していた国産農機具メーカーで、新ダイワ工業は2008年12月1日 に共立と共同持株会社「株式会社やまびこ」を設立します。

翌2009年にやまびこは新ダイワ工業と共立を吸収合併して消滅しました。
現在もやまびこより「shindaiwa」ブランドで産業機械、農林・緑地管理機械を製造販売しています。
主力製品はチェンソーで、1955年に国産初の電動チェンソーを製造した歴史を持っています。
農家からは、チェンソーのほかに草刈機、管理機、動力噴射機などの人気が高いです。

 

 

日本の2大チェンソーメーカーの合併

 

国内で流通するチェンソーメーカーは、ゼノア、共立、新ダイワが3大メーカーとされてきました。
ゼノアはオーストリアのハスクバーナ社のブランドで、共立、新ダイワは国産の2大メーカーと呼べる存在でした。
長年、国内外で高い人気を誇っていましたが、進化する海外メーカーにシェアを奪われて共立と新ダイワがタッグを組んだ緯があります。

 

 

チェンソーは国産と海外メーカーのどっちが良いの?

 

新ダイワ(現やまびこ)をはじめ、国産のチェンソーはコンパクトで取り回しの良い特徴があります。
ゼノア(ハスクバーナ)やスチール社の海外メーカーはパワフルな性能が特徴です。
使いやすさを選ぶのであれば国産。パワーを求めるのであれば海外メーカーがオススメです。

 

新ダイワの全盛期にあたる80年代~90年代にかけては、国産チェンソーメーカーはコンパクトにも関わらずパワフルだと世界から人気を集めていました。
しかし、エンジン性能で少しずつ海外製との差が広がってきて海外販売の衰退した歴史を持ちます。
海外では欧米を中心に作業する人の体格が大きいので重たくてもいいからパワーのあるチェンソーを好まれる傾向があります。
最新モデルでは海外メーカーでも小型タイプのラインナップが増えてきています。

 

 

 

新ダイワ(shindaiwa)の製品ラインナップ(2018年7月現在)

 

  • ディーゼルエンジン溶接機
  • ディーゼルエンジンTIG溶接機
  • ガソリンエンジン溶接機
  • バッテリー溶接機
  • 電気TIG溶接機
  • 可搬型ディーゼルエンジン発電機
  • 防災設備用ディーゼルエンジン発電機
  • 小型発電機
  • 投光機
  • エンジンカッター、
  • 電動カッター
  • 防塵カッター
  • バンドソー
  • チップソーカッター
  • ライトカッター
  • エンジン高圧洗浄機
  • 電動高圧洗浄機
  • エンジンポンプ
  • レインボーミスト
  • 送風機
  • 水中ポンプ
  • チェンソー
  • 刈払機
  • ヘッジトリマー
  • ブロワ
  • 動力噴霧機
  • ヘッジプルーナ
  • 高枝プルーナ
  • 枝払機
  • ハンマーナイフモア
  • チッパシュレッダ
  • 管理機

 

 

 

新ダイワを買う時のポイント

 

製品ラインナップは豊富ですが、チェンソー以外でトップメーカーの評価を受けている商品はありません。
現行の新品購入ではればサポート体制と値引き条件などを考慮して検討してください。
売却時の価格は全般的に安くなります。購入する際は使い倒す覚悟を持っておくことをオススメします。
国産メーカーのため、故障リスクは比較的少ないです。安い中古が売っていたら状態確認をしっかりすることを条件に検討する価値はあります。