農機具における新品・中古のメリットとデメリットを調査しました。

農機具の新品と中古の選び方とは?

 

農機具選びは、まずは新品か中古のどちらを購入するか選ばないといけません。
新品・中古のそれぞれのメリット・デメリットについてまとめました。

 

新品農機具のメリット・デメリット

 

予算があるのであれば農機具は新品で揃えるのが理想です。
新品には様々なメリットがありますが、一部で認識もしておかなければいけないデメリットもあります。

 

新品農機具のメリット

 

・故障リスクが少なくメーカー保証も付いてくる
・動きが快調で、始動不良や動作不良で仕事が中断するリスクがない
・新品を購入する事が農家のステータスにもなる
・最新の機能性が備わっていて使い勝手が良い
・販売店が近くにあればアフターサービスの質が良い
・値引き交渉の余地がある
・長年使っても高く売れる

 

 

新品農機具のデメリット

 

・購入価格が高い
・短い使用期間で売却すると、購入価格に対してのリセールバリューが低い
・実際に畑で使うと、すぐに泥だらけになって傷がついたりサビの発生、ロータリーの変形などが起こる
・エンジンスペックは、長年大きな進化がなく、型落ちモデルと大差がない
・余計な機能が色々付いてくると故障リスクが高く、修理費用が高く付く場合もある

新品の農機具を購入する最大の注意点は買ってみて使い勝手が悪く早期売却してしまう事です。

 

農機具は馬力や大きさ、機能性、使い勝手が悪いと新品でも、作業効率が悪くなってしまう場合があります。
それぞれの畑の環境によって適切な機種やスペックが異なります。

 

新品の農機具をすすめる男性

 

 

 

これまでの仕事経験などで、このスペックなら間違いないという自信がなければ無理に新品を買わずに安い中古を検討しても良いでしょう。


 

中古農機具のメリット・デメリット

 

農機具は使えれば何でもよいといった需要が多く、中古市場は人気と活気があります。
農機具ならではの中古の特性もあるので、しっかり理解した上で検討しましょう。

 

 

中古農機具のメリット

 

・購入価格が安い
・耐久性が高く中古で買っても長く使える
・構造が単純でメンテナンスが楽な車種が多い
・人気モデルであれば、購入価格に対してのリセールバリューも高い
・エンジンスペックや最低限の機能性は、型落ちでも最新モデルと遜色なし

 

 

中古農機具のデメリット

 

・古いモデルになるほど、価格の割高感が強くなる
・故障や不具合のリスクが大きい
・オプション部品が少ない
・一部で悪徳販売業者が存在する
・任意のモデルを探すのが困難
・遠方の中古を買うと輸送費が高い

 

農機具は選び方や在庫のタイミングによっては、購入するメリットが非常に高いですが、乗用車のように各モデルのタマが多い訳ではなく、整備が行き通っていない場合も多いです。

 

知識が無い中で無理に早期購入を進めて失敗すると、最初から新品を買っておけばよかったと後悔する事もあるので注意しましょう。

 

近年は、購入とレンタルという選択肢もあるので、使用用途によって検討をオススメします。